alumania website Loading...
iPhone12 Pro Max用エッジライン タイトル
FULL BILLET BUMPER

EDGE LINE for iPhone12 Pro Max(A2410)アルミフルビレットバンパー

iPhone12シリーズの中で最大ディスプレイとカメラ性能を持つPro Maxには、大柄ボディーに最適化した断面厚みを増やし強度を上げたエッジラインが落下時の保護を全身で担います。新たに5G通信が可能となったiPhone12 Pro Maxにアクセサリーガイドラインに沿ったアンテナ対策を加え、新たな生産方法で制作されたアルミ製フルビレット仕上げのスマートフォンバンパーです。絶対的な保護性能を発揮し、高級感も漂うハード系メタルケースバンパーとして君臨します。

本品は6.1”の「iPhone12」「iPhone12 Pro Max用」及び、5.4”の「iPhone12 mini」にはご利用いただけません。

OVERVIEW商品概要

iPhone6(PLUS)から始まった大型ディスプレイモデルはiPhoneX以降で「Max」となり、その広大な画面によって本体サイズも大型となります。バンパーとしてはスパン(距離)が大きく(長く)なることで製品強度面から補強が必要となり、重量が本体の大きさ比率以上に増加してしまいます。
CADによる強度シミュレーションを繰り返し、最適軽量化を導き出し従来の設計方法では到達できないMax系としての軽量化を実現しています。

切削加工方法も見直し、新たに導入した切削機械と各種新設ツールを用いて加工にも一層の磨きをかけています。この切削面の下地の仕上がり向上によって、最終工程のアルマイト仕上げでも従来にないほどの高級感が与えられるようになりました。最新の技術によって生まれ変わるエッジラインバンパーは、更にハード系スマホケースの中において特別で異色の存在となりました。

DESIGNデザイン

Functional Beauty 機能美として構成されるプロポーション

エッジラインバンパーの最大の目的は、スマートフォンの操作中に手から自由落下させてしまったときなどの「万が一の落下時からの本体保護」です。それが起点となり製品の基本構造は完成します。その後、普段のスマートフォン使用においての操作性を犠牲にしない、快適性を目指した各所の設計を行い製品構成されます。

長年の経験から積み上げられた設計と進化する切削加工によって、エッジラインは「機能美」とも言える無駄のないアウトラインのプロポーションを完成させます。

MAXの大型サイズにも対応するエッジライン

6.7インチと大型ディスプレイモデルとなるPhone12 Pro Maxには6.1インチクラスのiPhone12やProとは異なる強度を持たせるよう素材厚みを増やしています。その増加する重量に対しコンピューター上のシミュレーションと試作品での落下試験を繰り返し最適なバンパーを構成しています。

機能性を損なうことなく快適にご利用いただくために、バンパーという枠だけの製品ではあるものの、無垢材から全面をフルビレットで削り出すには数多くの加工工程があります。

実に30種類を超える切削ツールを駆使し、正確なモデルごとの専用治具によって生み出されるバンパーは、金属加工の規則性によって製品としての安定感にも魅了されます。

iPhone12 Pro Max用エッジラインのフロント

進化するデザインは背面にも及びます。

フラットなソリッドボディーとなったiPhone12 Pro Maxにもエッジラインの定番となった、まるで上下左右から織り込まれたような形状となる「プロテクションガード」を切削加工によって設けています。

iPhone12 Pro Max用には重量増の観点と、他モデルより飛び出し量の大きいカメラレンズ突起をプロテクションガードだけでは保護できません。そのため、お好みによって同時装着していただけるレンズプロテクターの併用をお勧め致します。

「プロテクションガード」はiPhone12 Pro Max用においては、本体を机上から持ち上げるときの手の周りこみによるクイックアクセス性能と底面側のストラップホールの役割を持ち、安定感と安心感を実現したメタルバンパーを構成しています。

  • バンパーだけでは、本体のカメラレンズ突起表面を保護できませんので「レンズプロテクター」との同時装着をご検討ください。
  • こちらの背面側画像にはオプション設定品の「バックディフェンダー」と「レンズプロテクター」が装着されています。
iPhone12 Pro エッジラインの背面側

DETAIL

カラーラインナップ

COLOR

装着方法と部品構成

全側面に機能性を持つバンパー

右側面には最も使用頻度が高い「ディスプレイボタン」、底面に「ライトニング接続端子」、右側面は「マナー切替スイッチとボリュームアップ/ダウン」と、薄型化が進んだスマートフォンでも側面には物理的な機能性を持ちます。これら全ての本体機能を快適にご利用いただけるよう、エッジラインバンパーの全側面もフルビレットで対応します。
そこにアルマニアとしての独自機能を加え、本体には直接接続できないストラップアクセサリーの取り付けなどにも対応できるようになっています。

iPhone12 Pro Max用エッジラインの全側面
  • 本品の装着後はSIMカードスロットが引き出せなくなります。
    そのため、SIMカードの交換は一旦本品を取り外してから交換する必要があります。

COLORカラーラインナップ

SURFACE of Anodize切削面が反映される美しいカラー

商品の色付けにはアルマイト(陽極酸化被膜)という方法が用いられます。塗装とは異なり、表面に目には見えない無数の穴を設けて色が付着させる手法で、素材がアルミに対して非常に適した色付け方法です。しかしながら、アルミの中でも不得意な素材もあり、アルマニアでは強度面とアルマイトの発色性の美しさからスマホバンパーとして最適なA6061材を使用しています。

アルマニアではバンパーのカラーごとでj表面処理方法をコントロールして色ごとでカラーの印象を高めるための変化を与えています。【ブラック】【ガンメタ】【シルバー】の無彩色系には「ほのかなマットな仕上げ」とし、【レッド】【ブルー】の有彩色に色の強みを与えるグロス仕上げで「艶やかさ」が感じられる仕上げになっています。

FRONT VIEW

カラーラインナップのフロントビュー
※各種オプション品装着状態

BACK VIEW

カラーラインナップの背面側ビュー
※各種オプション品装着状態

ITEM NUMBER LIST

COLOR 商品番号 JAN CODE 希望小売価格 表面仕上げ
MATTE BLACK IP-A1267-BK 4562332429127 ¥7,920(税抜:7,200) MATTE:艶消しアルマイト
GUNMETAL IP-A1267-GM 4562332429134 ¥7,920(税抜:7,200) MATTE:艶消しアルマイト
MACHINING SILVER IP-A1267-SI 4562332429141 ¥7,920(税抜:7,200) MATTE:艶消しアルマイト
FIRE RED IP-A1267-RE 4562332429158 ¥7,920(税抜:7,200) GLOSS:艶ありアルマイト
COOL BLUE IP-A1267-BL 4562332429165 ¥7,920(税抜:7,200) GLOSS:艶ありアルマイト
ブラックサムネイル

【BLACK】IP-A1267-BK販売を開始しました

ガンメタルサムネイル

【GUNMETAL】IP-A1267-GM販売を開始しました

シルバーサムネイル

【SILVER】IP-A1267-SI販売を開始しました

レッドサムネイル

【RED】IP-A1267-RE販売を開始しました

ブルーサムネイル

【BLUE】IP-A1267-BL販売を開始しました

ストアに移動 することなく
こちらからでもご注文が可能です。
※売り切れ時・取り扱いしていない場合は「カート」ボタンは表示されません。
※ご希望のカラーをプルダウンより選択してください。

2月1日17時以降からカラー別でのご注文開始となります。

OPTIONオプションパーツ

Fun to the Custom発展性と色の組み合わせで楽しむ

エッジラインバンパーはお客様個々のお好みによるスマートフォンカスタマイズの発展性を提案しています。数年に渡っていつも一緒の相棒(スマホ)を自分仕様の1台に仕上げて楽しんでください。同時装着可能な数多くのオプションパーツのバリエーションによって、機能性のアップも可能です。

季節によって模様替えするかのようにカラー構成で楽しんだり、お気に入りのストラップアクセサリーを取り付けることもできます。全面保護の「全身武装」も完結するコンプリート仕様に対応するオプション品ラインナップがここにあります。

エッジラインのオプション品分解構成

全身武装

エッジラインバンパーはお好みによりカスタマイズが可能です。
カラー構成で自分仕様の1台に仕上げてください。

これらオプション品を組み合わせることにより、機能性のアップや隙間ない全身武装(保護)が完結するコンプリート仕様にも仕上げられます。

OPTION PARTS

  • 各種オプション品名からリンクで移動できます。
  • 単品でご利用いただける商品も含んでいます。

LENS PROTECTOR (HG/STD)

単品装着可オプションパーツロゴ

お好みに合わせやすい2種類のレンズプロテクター

エッジラインバンパーの背面側にある「プロテクションガード」だけでは保護できない、iPhone12 Pro Maxの飛び出たレンズ表面を保護するレンズカバー【レンズプロテクター】との同時装着をお勧めします。

本体カラーに溶け込む(馴染む)仕上げの【STD(スタンダード)】タイプと、本体機能のLiDARを邪魔しないカスタム性も高い【HG(ハイグレード)】タイプになります。

オプション品のSTDレンズプロテクター
オプション品のHGレンズプロテクター
  • 装着は貼り付け済みの両面テープによって本体に直接貼るだけの簡単装着です。
  • バンパーとは関係せず単品でも装着が可能です。
  • モデルごとで製品が異なりますので機種間違いにご注意ください。
MODEL TYPE COLOR 商品番号 JAN CODE 希望小売価格
iPhone12 Pro Max HG Type
ハイグレード
GUNMETAL IP-2112M-GM 4562332428625 ¥990(税抜:900)
SILVER IP-2112M-SI 4562332428632 ¥990(税抜:900)
RED IP-2112M-RE 4562332428649 ¥990(税抜:900)
STD Type
スタンダード
GRAPHITE IP-1267XL-GF 4562332428793 ¥660(税抜:600)
SILVER IP-1267XL-SI 4562332428809 ¥660(税抜:600)
GOLD IP-1267XL-CG 4562332428816 ¥660(税抜:600)
PACIFIC BLUE IP-1267XL-BL 4562332428823 ¥660(税抜:600)

BACK DEFENDER

単品装着不可オプションパーツロゴ

カラーも豊富な背面保護のカーボン調レザーパネル

エッジラインバンパーが保護できる範囲は本体の全周に渡ります。スマホ本体の背面には数多くの機能性を持つため金属でカバーするとその機能を失います。そのため、主に電波関連に影響しにくい素材のとなる【合皮レザー製の背面パネル】がバンパーだけでは保護しきれない背面側をカバーします。

表面のカーボン調の模様は、凹凸のあるエンボス表面を持ち、選べるカラーでお好みに合わせてバンパーカラーとの組み合わせもお楽しみいただけます。

エッジラインバンパーとの併用を想定した専用設計となっており、装着後もエッジラインバンパーが取り外せるようになっています。

  • パネル裏側の接着面の剥離シールを剥がしてから、本体に直接貼ることで装着します。
  • 装着後もアップルのMagSafe充電器によるワイヤレス充電がご利用いただけます。
  • ご利用後に数日経ってから剥がした場合には、貼り直し(再利用)はできません。
オプション品のバックディフェンダー
COLOR 商品番号 JAN CODE 希望小売価格 表面模様・素材
BLACK IP-P1267-BK 4562332429172 ¥1,210(税抜:1,100) カーボン調の合皮レザーパネル
GUNMETAL IP-P1267-GM 4562332429189 ¥1,210(税抜:1,100) カーボン調の合皮レザーパネル
SILVER IP-P1267-SI 4562332429202 ¥1,210(税抜:1,100) カーボン調の合皮レザーパネル
BLUE IP-P1267-BL 4562332429196 ¥1,210(税抜:1,100) カーボン調の合皮レザーパネル
バックディフェンダーフルカラー サムネイル
バックディフェンダー装着 サムネイル
バックディフェンダー貼り付け サムネイル

こちらのカートボタンからもお求めいただけます。※売り切れ時はボタンが表示されません。
この商品のSTOREへ移動する


GLASS DEFENDER

単品装着可オプションパーツロゴ

最も大切なディスプレイ保護に快適操作感のガラスフィルム

より強化されたセラミックを配合された当たらなディスプレイガラスを搭載したiPhone12シリーズでも、素材が「ガラス」である限り、擦り傷や破損は気付かないうちに発生してしまいます。

装着してもその装着性を感じないほど、ディスプレイ面を同素材のガラスで守ることが出来るガラスフィルムは是非とも装着しておきたいアイテムです。

全面接着(自己吸着型)の全周の縁をブラックで仕上げた消耗品としてのリーズナブルな【GLASS DEFENDER】はエッジラインバンパーとの同時装着が可能です。

  • GLASS DEFENDERは装着時に便利なアルコールパッド、クロス、ゴミ取りシールなどをセットにしたワンパッケージ品です。
オプション品のガラスフィルム

OPTION PART 【STRAP RING】

単品装着不可オプションパーツロゴ

ストラップを安全に取り付ける

エッジラインバンパーの上面部分にバンパー内部から挿入しておくことでストラップが装着できるようになります。

バンパー付属のストラップアタッチメントとは異なり、可倒式のステンレス製リングによって、装着するストラップの紐切れが発生せず、安心してご利用いただけます。

ベースはプラスチック製のブラックで目立たず、発展性の可能性を与える小さな便利アイテムになっています。

  • 従来のストラップアタッチメントよりも大型化されておりますが、ベース部分は樹脂製のため強いチカラが加わったりや経年変化、擦れなどにより破損する可能性はあります。
  • ストラップアクセサリーを介して本体を引っ張ったり支える(吊り下げる)ような用途には利用できません。
  • ひび割れや削りカスが感じられたら新品に交換してください。
オプション品のストラップリング

DETAIL商品詳細

FUNCTION from METAL

数あるスマホアクセサリーの中でも特殊な金属製バンパーのメリットは安心感が得られる絶対的な保護性能です。しかし、金属製のデメリットにもなる強靭性からくる重量の増加を抑えることが必須になります。
そこでアルマニアでは長年の経験と実績から強度計算とシミュレーションを重ね、軽量化のための加工を可能な限り施し、デザイン性を確保しつつ30g強としたMax用としては軽量な重量を実現しています。これは一般的な切削加工だけでは実現できない領域にまで踏み込んで特殊な加工方法を行うことで実現するアルミ削り出しのバンパーです。

贅沢にアルミの無垢材からマシニングセンターで全てを削り出すエッジラインは、製品としてはスマートフォン全周の「枠」でしかない小さなものになりますが、そこに到達するまでには数多くの手間のかかる特殊な加工工程と、惜しみない贅沢な子部品を組み込んだ唯一無二のアルミフルビレットバンパーを創出します。

だからこそ、その所有感に浸ることができ、長年に渡って安心してご利用できる実力を持ち合わせています。

Maxの大柄ボディーを守るためのボリュームアップ断面

アルミバンパーとしての目的を果たすため、ステンレスボディーで重量、大きさとiPhone12の中では最も過酷な条件となってしまうPro Maxには6.1”モデルのProよりも断面厚みを数10%でアップさせています。

それでいて、商品重量は30g強(31.3g)までに収めることで大型ながらも重量増加を大きく感じさせないほどまでに仕上げています。

本品は結合状態で強度を発揮します。部品単位の一部では僅か1mmを切る箇所もアルマニアの正確な加工技術で全てを切削によって形成している逸品に仕上がっています。

  • 角になる部分全てに肉眼では分からないほどの面取り加工も施しています。
ワイヤレスのMagSafe充電器が利用できます。

MagSafe充電器に対応します。

iPhone12シリーズの登場でワイヤレス充電化が加速するアップルから登場した「MagSafe充電器」に対応します。バンパー背面に設置されているプロテクションガードはMagSafe充電器の邪魔をしません。

オプション品の背面パネル【BACK DEFENDER】を装着していても、マグネットによる位置固定とワイヤレス充電が可能です。

  • MagSafe充電器はappleの商標登録品です。
  • BACK DEFENDERを介してのワイヤレス充電は充電速度が20%から30%ほど落ち込みます。
ワイヤレスのMagSafe充電器が利用できます。

贅沢なステンレス製のオーバルボタン

iPhone用に制作した従来からのステンレス製のオーバルボタンは高級感と耐久性に富んでいます。硬いステンレスは切削しにくく、加工時間がかかるため、通常では利用しない素材です。しかし、普段から頻繁に使用するものだからこそ、ボタンにもこだわったステンレス製を組み込んでいます。バンパーと同様にフルビレットで仕立てています。

そんなフルビレットのステンレス製オーバルボタンを、独立して左右合計3っつ使用し、バンパー内に内蔵しています。ボタンは組み込み済みで外れることなく快適にご利用いただけます。

クリック間にもこだわっており、従来からの適切な隙間と素材の選定でダイレクト感のある操作感は健在です。

内蔵されたステンレス製オーバルボタン

5Gに対応するためのサイドパネル

次世代通信網の5Gに対応したiPhone12シリーズ向けに新たな5Gへの通信性能を確保するために講じた、サイドパネルを組み込んでいます。

エッジラインには本体正面右側に位置するアンテナエリアにガイドラインに沿って最大限の開口として金属接触を避けています。

開口した部分には半透明のサイドパネルを内蔵させて、内部が見えにくい仕上げにしており、デザインの一部化として演出する効果も持ち合わせます。

  • 画像はイメージとなっており、サイドパネルは点灯しません。
  • サイドパネル内にはアルマニアの定番ロゴがプリントされています。
5G用に新たに採用したサイドパネル
背面側は更に大きく開口させています。

長年で培ったオリジナルのTPBスクリューで装着

薄型化されていくスマートフォンに対して一般的なスクリューを利用していては、ヘッド部が大きくなりオーバーサイズとなり、ネジ径を小さくすれば破損しやすく、非常にバランスの難しい局面となりました。

その中で生まれたオリジナルの「(TPB)テーパーベーススクリュー」は、限られたスペースに最大限のトルクがかけられるように開発された特殊な形状です。

製品としての装着を2本のスクリューだけで行うため、最も重要とも言えるスクリューは、確実な固定ができるよう、こちらも強度の高いステンレス製のフルビレット品です。

  • 結合部は意図的に隙間を設けています。強く締め込んでも完全には突き合わせしません。(隙間は0になりません)
  • スクリューは高強度で破損することはありません。そのため、無理に締め込まずに適度なトルクをかけ、定期的に緩みをご確認ください。
TPBテーパーベーススクリューでの固定
※内部構造を分かりやすくするためのCGです。

背面には可能性を広げるセンターストラップホール

背面側に設置されている「プロテクションガード」部分を活かして吊り下げ用途では最適な方向になる底面側に接続できるストラップホールを設けています。バランスの良い中心のセンターストラップホールによって、ネックバンドを利用した首からの吊り下げ用途や、胸ポケットとの連結も容易になります。

今までのエッジラインの生産方法において、加工できなかった側面に設置したストラップホールの裏側加工は、どうしてもできてしまう角部がストラップの紐を痛めやすいものでした。
裏側の角部を面取り加工することでストラップの紐切れも低減します。

また、ストラップの紐を通した後に紐自身の太さ分で本体と干渉しにくいように、紐の厚み分を沈められる沈め加工も施されています。

  • 完全なストラップの紐切れをお約束できるものではありません。定期的に紐切れを度合いはご確認ください。
  • センターストラップホールには、バンパー装着後の本体重量以上または力が大きく掛かるアクセサリー類を装着できるほどの強度はありません。
センターストラップホール

2つの方法でストラップが上部と側面に装着できます。

バンパー左側と上部の側面に配置された2WAYストラップホールによって、お気に入りのストラップアクセサリーがエッジラインに取り付けられます。

セットになっている2つの穴に、ストラップの紐を直接通すこともできるマルチタイプのストラップホールによって、バンパーとアクセサリーを結びます。

また、付属の「ストラップアタッチメント」を予めバンパー内から通しておくことで、バンパーから突起したストラップ穴が設けられます。ストラップアタッチメントは透明の樹脂製でR形状のためストラップの紐切れを大幅に低減することができます。

  • ※ストラップの紐切れを防ぐため「ストラップアタッチメント」の利用をおすすめしています。
ストラップアクセサリーの装着

SPEC商品構成・仕様寸法

使用するたびに手に馴染むサイズ感

大型モデルのMaxにも本体サイズから極力大きくならないよう、普段から本体を手で持つ周辺はスリム化されており、操作性を犠牲にしない設計を施しています。

また、数多くのサードパーティー製品にも対応できるよう、入出力部分は背面側まで広げた大きな開口を設けており、発展性を可能にしています。

  • バンパーを装着してもMax用は本体のレンズ表面を超えません。レンズ表面まで保護できないため、別売りのレンズプロテクターとの併用をご検討ください。
iPhone12 Pro Max用エッジラインの寸法図

極めた簡単構造による迷わない装着

従来から引き継ぐ、トップとボトム側の主要2部品構成で簡単にiPhone12本体への装着が完了します。
底面からたった2本のスクリューだけで換装できる簡単な装着方法です。

極めて簡素化している装着方法でも重要な部分を切削加工精度でカバーしており、完全な本体への固定ができ、本体に一体化します。

付属する工具となる【六角レンチ】には、スクリューを早く回すことができる「ボールポイントタイプ」で面倒さもありません。仮にレンチが無くなっても、簡単に入手可能な面幅2mmの六角レンチがご利用いただけます。

  • 付属の説明書、及び下段の注意と警告をお読みいただいてから正しくご利用ください。
iPhone12 Pro Max用エッジラインの商品構成

構成部品

No. 部品名称 数量 カラー
アルミバンパー:トップ 1 各色アルマイト
アルミバンパー:ボトム 1 トップと同色
TPBテーパーベーススクリュー 2 ステンレス
ストラップアタッチメント 1 透明樹脂
ボールポイント六角レンチ 1 シルバー

詳細仕様

仕 様 詳 細
商品サイズ W90.0(最大部) x H168.3 x t10.1(最大部)
本体重量 31.3g (スクリュー含む)
パッケージサイズ W280x H250 x D23 (mm)
本体材質 主要:A6061-T6
ストラップ取付可能位置 左側面、上面(ストラップリング使用の場合)
パッケージ材質 紙トレー+紙スリーブ
表面処理
カラーアルマイト
構成品以外 説明書

警告マークCAUTION警告・注意事項 

注意マーク注意点(必ずご利用前にご確認ください)

  • 本品装着後はSIMカードスロットが取り外せなくなります。SIMカードを交換する場合は一旦バンパーを外してから引き出していただく必要がございます。
  • 本商品は6.7インチディスプレイ、ステンレスボディーの「iPhone12 Pro Max」専用品です。mini,iPhone12,iPhone12 Proにはご利用いただけません。
  • iPhone12 Pro Maxの全周を覆う側面のクロームメッキ仕上げは軟質表面となっているため、製品の装着時にも本体側に擦り傷を付けてしまう場合もあります。
  • 商品の各部へ最大限に電波改善対策を行なってはおりますが、外枠を金属で覆うため電波状況が悪くなる可能性はございます。しかしながら、多くの原因は商品の装着影響よりも、常時変化する電波状況変化に依存されており、様々な条件が重なり視覚で判別できない全ての電波性能に関しては補償対象外になります。
  • 商品をご利用いただく前の普段から通信はできていても、ご利用後に通信ができなくなる環境下も可能性としてはございます。そのため屋内でもデータ通信のみでご利用いただく場合は推奨いたしません。普段のご利用下においてWIFIなどの好環境が整ったエリアでご利用いただける方にお勧め致します。
  • 本品は落下時の本体保護を目的とした機能を持ちますが、普段利用される高さからの落下を想定しています。接触する地面と本体の方向や製品が保護できないエリアへの接触時には完全には本体を守り切れない場合もございます。
  • 部品単位で加工しておりますので、勘合した時にラインのズレや削り出しの切削痕による模様が一定方向でない場合もあります。
  • バンパーのベース側とボトム側は個別で製造、アルマイト加工しており、色差が生じますので予めご承知おきください。また、光加減次第で現れる模様などもアルマイト特有のものであり、不良ではありません。
  • アルマイトは製造上、一部に色欠けを生じます。目立たない位置になるよう配慮しておりますが完全ではございません。また、本品は常に手に触れてご利用いただく商品のため、接触摩耗によるアルマイトの部分剥げが生じて徐々に色は薄くなります。特にエッジ部分は製造上で色膜厚が低いため薄くなりやすくなります。
  • スクリューは、付属の六角レンチの短い側(ボールポイントではない)部分で最終的に適度に締め付けてください。無理な力で強く締め付けず、緩みがないか定期的な確認と増し締めは必要です。
  • 実際の商品とここに掲載する画像では異なる場合があります。商品の仕様は予告なく改良のため変更されています。
  • 各種通信充電ケーブル、機能拡張商品の社外品となるサードパーティー商品との適合確認は行なっておりません。
  • 専用品となっておりますので適合モデル以外にはご利用できません。改造やオークションなどでの二次購入での補償対応は致しかねます。
  • いかなる理由においても本商品以外の補償は致しません。装着、取り外しはお客さまの責任において作業してください。
  • ここに記載の注意点が全てではありません。一般的な想定範囲外の症状が出る可能性もございますので、ご了承のうえ正しくご利用ください。

警告マーク警告(必ず購入前にご確認ください)

  • お風呂やプールなどで本品を装着させたスマホ本体を浸水させた後は、分解して綺麗に水をふき取り乾燥させてください。
    製品は水分に対して影響はありませんが、内部の隙間に残った水分で本体に影響を与えないよう、水にぬれた後は乾燥作業を施してください。
  • ストラップを取り付ける場合は、基本的に付属のアタッチメントを併用してください。本体を吊り下げてご利用する場合、大変大きな力ではアタッチメント自信が破損する場合はございますのでご注意ください。
  • ストラップを直接バンパーへ装着する場合は、ナイロン製のトラップでは切断する可能性がありますので定期的な交換または破損状況の確認が必要です。
  • ご利用中に商品の不具合を感じる場合は、直ちに本品のご利用をお止めください。
  • 本品はお子様の手の届かないところでご利用ください。

NEW ITEM LINK

scroll to TOP